大安禅寺
新年最初もありがたいことに雪が無く、過ごしやすい日が続いております。
本日は午前中から 地元地区である田ノ谷では1月13日(日)に行なわれる「左義長」の飾りをたてる準備が行なわれていました。

当番の方々が藁を束ねたり、飾りを飾ったり手際よく作業を進められていました。


「あげるぞぉー! よいしょー!」と声をかけながら 柱となる竹を立てられました。
人手不足や高齢化にともない、簡素化されたり行事自体を行なわなくなる事も多くありますが、この田ノ谷地区では地元の方々によって大切に護り伝えられている大切な行事です。
準備の様子は始めて見させていただきましたが、改めて「地域力」や「ヒトとのつながり」が強く感じられました。


写真は去年の左義長の様子。
この後も 字の上達や お裁縫の上達を願って 各家庭のお子さんによって作られた千羽鶴や習字の旗がつけられ、またお正月の松飾りなどが持ち寄られます。

(事務局 岩佐)



|2019,01,06, Sunday 04:05 PM |
 
大安禅寺