大安禅寺
大粒の雨が降りしきる朝。

正直その雨を億劫に思いながら、ご拝観の方をお迎えする準備を急ぎ早に整えていましたら、花菖蒲園の方からカエルの元気な声。

「ぐわっぐわっ」とカエルの合唱が響き渡っておりました。そして、「カエルは喜ぶ、花菖蒲も喜ぶ雨だな。」と思い直してみますと、自分の至らなさに気付かされます。

花菖蒲も今年は例年より早い開花とあり、見頃を迎えながらの祭初日となりそうです。そして、今年で36回目。これも全て多くの縁者様のご法愛の賜物と心から感謝しております。

今日は準備に追われる中、明日から一週間寺内を彩ってくださる、未生流福井支部の皆様が寺内各所に花を生けて下さりました。毎年思うことではありますが、生け花が有る寺内は「灯」を各所にともり、我が心まで嬉しくなってきます。今日人足し早くお越し下さった個人のお客様も興味深さそうに、その生けていく様子を見ておられました。

今年は、保存修理事業も相成って本堂を拝観できる最後の期間でもあります。現在のお堂を拝観できるのは、最後ということです。日々、様変わりしていく大安禅寺。是非とも皆様に見て頂ければ幸いです。


(副住職)





|2019,06,07, Friday 10:46 PM |
 
大安禅寺