大安禅寺
謹啓 初夏の候

皆様におかれましては益々御清栄の段心よりお慶び申し上げます。平素は格別なる御法縁を賜り厚く御礼申し上げます。
また、この度の第三十六回「花菖蒲祭」ではひとかたならぬ御世話になりまして重ねて心より厚くお礼申し上げます。

さて、今年の「花菖蒲祭」は、開催前の暖かい気候で開催と同時に花菖蒲、薔薇が見ごろを迎え、また、恒例の「華展」、「御茶会」に加え、二胡&ピアノの演奏、お子様に好評のバルーンアート等多彩な催しも、盛況裡の内に無事円成致しました。

また今年は、重文の建造物保存修理と重なりご来山下さった皆様にはご迷惑をお掛けしたことも多々あったかと思いますが、皆様温かいお言葉を掛けて下さり励みになりました。

そして、御支援賜りました関係者の皆々様のご法愛、誠に嬉しく心より厚く御礼申し上げます。また、お越し下さった際には、充分なるおもてなしができませんでしたこと、何卒御容赦下さいませ。
今後とも、より一層の御法愛を賜りますと共に、皆様愈々の御健勝と御発展を御祈念申し上げまして、略儀ながら、「花菖蒲祭」御支援の御礼並びに無事円成の御挨拶と致します。

謹白


令和元年六月 吉日


大安禅寺
住職  髙橋友峰
副住職 高橋玄峰
合掌



「第36回 花菖蒲祭」を振り返る



 
大安禅寺