大安禅寺
今春より12年という長期に渡る当山の重文建造物の「令和の大修理」が本格化しました。
そこでこの度、下記の通り多くの方に現在の工事現場を通して、福井の文化遺産の価値をお伝えする機会と考え「現場公開」を企画しました。当日は、設計監理所長である高木様を講師として現場説明と共に拝観して頂けます。大変貴重な機会となりますので、皆様のご参加お申し込みをお待ちしております。お申し込みは、大安禅寺へ直接お願い致します。


~記~

イベント名:重文大安禅寺保存修理事業 現場特別公開
拝観場所 :本堂周辺と内部、客寮(解体途中)など
日   時:令和元年9月29日(日)
1部 午前9:30~
2部 午前11:00~
3部 午後1:30~
※3部制とも専門家による案内付です。全回内容は同じです。
参加人数 :各回ともに先着20名(全60名)
参 加 費:500円(拝観料・保険料込み)
申込開始 :令和元年8月18日(月)~
申込方法 :大安禅寺(0776)59-1014
注意事項 :動きやすい服装でお願いします。
ハイヒール、サンダルなど足元が不安定なものは不可とします。

【工  期】 平成30年11月~令和11年12月
【設計監理】 公益財団法人
          文化財建造物保存技術協会 (東京都荒川区)
【工事請負】 1期工事 松浦建設株式会社 (石川県能美市)
【修理対象】 本堂・庫裏・開山堂・開基堂・鐘楼・山門・宝蔵・塀中門
          全8棟
【現在までの経過報告】
平成31年
       3月 1期工事着工、仮事務所の建設、資材搬入路の整備着手
       4月 本堂周囲の樹木などを撤去
令和元年
       5月 塀中門および袖塀の解体
       6月 本堂西側渡廊下の切り離し工事
          本堂~庫裏間廊下と客寮の解体着手  

 
大安禅寺