大安禅寺
今日も日差しが照り付ける暑い日になりました。お寺はお盆も終わり、静けさに包まれています。

先日、子供たちと先代の祖父祖母が眠る墓所へお参りに行ってきました。一緒に掃除し水を手向け、御線香に燈明を供えお経をあげました。
子供たちが自然と手を合わせる姿を見ながら、私も幼い頃に祖母に連れられお参りに行った日を思い出しておりました。


思えば、私はお祖母ちゃん子でいつも祖母についてまわり、様々なことを教えてもらったように思います。当時は何気なく聞いていたことですが、子を持ちお寺を護持する立場になって、祖母の言葉の深みを噛みしめるようになりました。ふとした瞬間にその言葉の心の引き出しが開く時があり、その度に自分自身の素直な心に立ち返ることができます。

時が過ぎ、いかなる時代になっても、心に染み込んだ祖母の教えは何物にも変えられぬ宝と実感します。

今日も手を合わせば祖母を身近に感じ「玄峰よ、禅僧としてしっかりやっとるか?」と叱咤激励してくれる声が聞こえてきます。

報恩感謝

大安禅寺 高橋玄峰 合掌


|2020,08,17, Monday 08:53 PM |
 
大安禅寺