<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 305 | 次の10件>>
大安禅寺

庭園には、睡蓮が咲き始めました。
池に浮かぶ真っ白な水連に癒されます。


寺内では、御詠歌の練習が行われました。
8月の盂蘭盆会に向けて、お堂に歌声が響きます。



午後からは、児童クラブの子供たちが坐禅体験にご参加下さいました。

坐禅といっても、子供たちには馴染みのない言葉ですが、ユーモアを交えてご指導されました。
「全集中!和尚の呼吸」
子供たちも真似して、ゆっくり呼吸を意識し始めます。

その後の読み聞かせでは、子供たちの笑い声が聞こえてきました。

本日はありがとうございました。
(助野)



|2021,07,27, Tuesday 04:28 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今年も夏休みに入り、連日県内市内の児童クラブのお子様を迎えて、坐禅会を行なっています。

大所帯の児童クラブ様はコロナ感染対策の為、数回に分けての実施なので、今年は例年より子供坐禅会の回数が増えています。

ですのでいつも以上に子供たちに目が行き届くので、お子様一人一人の個性が味わえて私自身楽しく感じています。



子供達にとって、特に低学年のお子さんにしたら10分の坐禅だけでも集中を保つことは難儀なことです。ですが、面白いのはそわそわ、キョキョロしながらもちゃんと最後まで坐りきれるところ。

それは落ち着きがないのではなく、「集中力」の保ち方も様々なのです。

大人の私たちは、動いちゃダメとか、制御することばかりに集中の意味を求めてしまいますが、大事なのはどうであれ「静かに坐り切る」ことです。

先日の子供坐禅会で6年生の女の子は最後の感想で「坐禅は我慢するものだと思っていましたが、和尚さんが『丁寧な呼吸を感じながら坐りなさい』というので、優しい呼吸を心掛けたら心が楽になって静かに坐れました。ですから、毎年来させてもらってますが、以前まで坐禅は我慢する時間だとおもっていましたが、呼吸を通じて心のマッサージをする時間だということに今回初めて気付けました。」と嬉しそうに述べてくれました。

私はその観点に感動しましたし、その気付きを素直に話してくれた彼女の存在に私がハッとさせられ、救われました。



いくつであろうと、それぞれの気付きと成長があります。大人の私たちは、自分の「こうあるべき」考えを押し付けたくなりますが、時には大きな懐で静かに見守ってあげられる空間が必要だと思うのです。

そんな空間を大安禅寺の坐禅体験では少しでも担えれば良いなぁと考えています。





でもやっぱり、坐禅が終わってワンパクに絡んでくる元気な子供達の姿に一番ホッとします。

県内の児童クラブ様は、是非大安禅寺の坐禅体験をご利用ください。

興味ある方は、お気軽にお問合せ下さいませ。お待ちしております。

大安禅寺 髙橋玄峰 合掌


|2021,07,26, Monday 04:39 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
連休最終日の本日、嶺南地方からのお客様がお越し下さり、玄峰和尚の生き生き法話コースに参加下さいました。

「大安禅寺へ初めて来ました。という方は?」や「オリンピックが始まりましたね。先日の開幕式、ご覧になった方は」などなど 身近な話題から始まった法話に肩の力も抜け リラックスした雰囲気に。


ソーシャルディスタンスをとりながら行われる 和尚様とのやり取りに マスク越しでもわかる笑みや「そうそう」と大きくうなずく姿が見られました。
「楽しかったよ!和尚さんによろしくね。」
お帰りの際には、本日の青空のような晴れ晴れとした笑顔でお声掛けくださいました。

大安禅寺では感染対策を行い、各拝観コース・禅体験を催行しております。
時間や内容、人数などお気軽にお問合せ下さいませ。

(事務局 岩佐)



|2021,07,25, Sunday 05:06 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
厳しい暑さが続きますが、7月・8月はお盆月。
この連休中もお盆のお参りに副住職がお檀家様のお宅をまわられたり、お寺での法要が執り行われています。

また、お寺へも手を合わせにお参り下さる方も多くなってまいりました。
8月のお盆帰省ラッシュを避けての久しぶりの帰省や夏休みになってなど ご家族揃ってお越し下さる方も。
皆様ゆっくりと手を合わされていました。

大安禅寺では、感染対策を行いながら水子様の御供養などの各種御供養また健康祈願などの御祈祷を執り行っております。
ご不明な点などお気軽にお問合せ下さいませ。

(事務局 岩佐)



|2021,07,24, Saturday 04:43 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
大安禅寺では今月より福井の体験帖「ふくのね」に掲載されている「お寺で写経&お抹茶体験」を催行しております。
本日は午前の部が行われ、福井市内の方がご参加下さいました。
今回初めてのご来山ということもあり、お寺の歴史の説明も興味深そうに聞かれ 本堂の解体の様子には大変驚かれていました。

拝観の後には、写経体験。
20分程時間ですが、普段とは違う過ごし方に ゆっくりと静かなひと時を感じられたようでした。

最後はお抹茶で一息。
冷たい抹茶が初めてだったそうで、風鈴のお菓子と一緒に「涼し気でいいですね」と目でも楽しまれていました。

ふくのねの体験は完全予約制となっております。電話・メール・じゃらん遊び体験サイトにて受け付けております。
ふくいdeお得クーポンの利用もできます!
7月:28日(水)
8月:1日(日)・8日(日)・18日(水)・22日(日)・30日(月)
と開催予定ですので、御希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

(事務局 岩佐)



|2021,07,23, Friday 03:55 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
続く猛暑に早くも「今日も暑いですね」があいさつ代わりとなっています。
本日は恒例の写経と法話「洗心会」が行われ、連休初日ということもあり ご友人とご一緒にまた久しぶりに参加下さる方もいらっしゃいました。

「ミーンミーン、ジージー」とセミの声、「チリンチリーン」と風鈴の音や「上手い下手ではなく、丁寧に。」との声。
自然の音が響く中 一字一字丁寧に筆を運ばれていました。


法話では、お盆月ということから「盂蘭盆・お墓参り」をテーマに 清水径子さんの詩や副住職様が子供の頃祖母と一緒にお墓掃除へ行ったことの話を交えてはなされました。


「お盆の由来の話など初めて聞きました」
法話の後の歓談では、ワクチン接種や最近の出来事など楽しく話されつつ お盆のお参りの事の質問などもされていました。

洗心会は、4月~11月の第四木曜日11:30~行っております。
また、職員が案内の写経体験「ふくのね」も7月より開催しております。
どちらも初めての方からご参加頂けますので、興味がある方は ぜひご参加下さい!

(事務局 岩佐)



|2021,07,22, Thursday 04:51 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日は、児童クラブの皆様がご来山。



子どもたちは今日から夏休みということもあり、坐禅体験にお越しくださいました。
和尚さんに坐禅の仕方を教わり、徐々に子供たちの表情も変わってゆきます。

初めての坐禅に戸惑いながらも、一生懸命に取り組む姿に、有意義な時間を過ごしてくださいました。

その後は、法話に代わって和尚さんの本の読み聞かせが行われました。


ご興味のある方、個人参加での受付も行っております。
お気軽にお問合せ下さい。

(助野)



|2021,07,21, Wednesday 12:48 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

猛暑の中、鐘楼工事では、石垣周りの土を取り除く作業が進んでおります。



前回の調査に引き続き、今回は通路側も掘り進めていきます。



土に埋もれていた石垣部分の色の違いがお分かりいただけます。

新たな発見と本来の姿に、驚きの日々です。

工事の新着状況も掲載していきますので、ぜひ興味を持って頂ければ幸いです。
(助野)



|2021,07,20, Tuesday 03:06 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
梅雨が明けたと喜んでいたら、猛暑が待っていました。暑さになれる間も無く、照り付ける日差しが厳しい。

大安禅寺ではお盆の季節を迎え、市内檀家様の棚経が始まっています。

また来る8月15日に予定しています「盂蘭盆大施餓鬼会」の準備のため総代会を開きました。

コロナウイルスの影響でここ1年以上まともに行事を行えていませんが、縮小しながらも継続して執り行えていること自体、世の中の現状を考えれば有難いことだと実感しています。



それも全て、総代様はじめ御檀家様のご法愛の賜物と感謝の極み、とくに「盂蘭盆会」は亡き人と心通わし、ご先祖様も自分自身も救われる大切な行事です。
コロナ禍にあって、改めてご供養の真意を見つめ直す機会が多くなりました。



供養のもとの言葉は「供給資養(くきゅうしよう)」と書きます。心からお供えをし、自らの資本となる心を養うことです。

妙心寺の管長を務められた山田無文老師はご自著の中で「自分の一生をだれかのために、何かのためにささげて、『よかったなぁ、幸せだなぁ』とわかるような僕が発見されたら、それが本当の『僕』だと思う。」と書かれています。この言葉は、ある日、一人の少年に「本当の自分とは何か?」という質問を受けた時に答えられたものだと記されていました。。
「自分を捧げる」とは、言葉にする以上に実践することは難しいと感じる人のほうが多いかもしれません。とくに自分本位の考えが先行する現代にあっては。

ですが、この言葉は大それた行動を言っているわけではありません。日常で私たちが、普通に行い感じている心境だと思います。

例えば、笑顔で「おはよう」と言えば相手も笑顔で「おはよう」と返してくる。その笑顔に自分自身の心もまた和む。
お盆で言えば、お墓参りに行って、お墓を洗い、香を焚き、手合わせるだけで心がすっきりする。

いずれも、大切なのは自分の心から発信する「主体性」なのです。その行動に大きいも小さいもありません。人や環境のせいにするのではなく、自分の為すべき務めを、先ずは心を込めて為すだけです。

ですが、これだけ世間が騒がしいとなかなか、その素直な自分に気付けないものです。だからこそ、御仏壇やお墓にて静かに手を合わせることは、一旦自分の心と向き合うひと時なのです。そして、そのご縁を御先祖様が作って下さる。毎年毎年、必ずお盆のこの時期に。こんな有難いことはありません。

わが命の尊さに目覚め、その命の繋がりのご縁に感謝し、ご先祖様にたくさんお供えをして、自分の心を養う大事なお盆。

皆様も是非、今年のお盆には大安禅寺へお参りください。

大安禅寺 髙橋玄峰 合掌




|2021,07,19, Monday 09:55 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
連日の真夏日、熱中症にも十分注意しなければいけない時期になりました。
大安禅寺へは、受付開始時間より「千畳敷」へお参りの方が多く来られています。


越前松平家の墓所であり、初代から十一代目までの歴代藩主が祀られています。
全て福井の名石・笏谷石で作られており、墓石の高さが約4メートル、その下には1360枚の石畳が敷き詰められています。


立ち並ぶ姿は圧巻であり、「一度見せたい」と子供さんと一緒に来られる方もいらっしゃいます。
隠れた福井の名跡。歩いて自然を感じながらお参りしてみませんか。

(事務局 岩佐)



|2021,07,18, Sunday 04:19 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 305 | 次の10件>>